今日はどこへいこうか。明日はなにをしようか。

名古屋市を中心に色々なスポットを自身の日記を兼ねて紹介していくフォトブログ。

2回目の登山は三重県の御在所岳へ。少し装備も変わりました。

こんにちは、こんばんは、翔です。

先月の鎌ヶ岳に引き続き、今回はその真隣の御在所岳へ登ってきました。
ただし登りだけ。
妻と8ヶ月の息子が時間を合わせてロープウェイで登ってきて、山頂で合流する形にしたので帰りはロープウェイで下山しました。楽ちん。
去年もちょうど同じころ、ロープウェイで妊娠中の妻と一緒に行ったんでした。
www.nichinichi-kouzitsu.com

10/18日時点では紅葉は少し早かったかな…?今週〜来週辺りは綺麗に見えそうです。

御在所岳について

三重県三重郡菰野町滋賀県東近江市の境目にある山。
標高1,212m
日本二百名山、関西百名山鈴鹿セブンスマウンテンに選定。

こないだ登った鎌ヶ岳も鈴鹿セブンスマウンテンですね。
www.nichinichi-kouzitsu.com

鈴鹿山脈を代表する山で、かなり観光地化された山頂公園が存在しており、冬場はスキー場も営業しています。
麓にはモンベルショップもあったり、山頂にはトイレや自販機や飲食店も完備しています。鎌ヶ岳とは大違い(笑)

登山道もかなり整備されていて登りやすく感じました。その話はまた後で。

◯装備の変更

ザック内の持ち物は前回とほとんど変えませんでしたが、前回カップラーメンを食べるための割り箸を忘れるという痛恨のミスを犯したので、今回は割り箸を3膳も持っていきました。

何を変えたかというと服装。
前回初登山の時はワークマンのクライミングパンツという綿パンみたいなので登りました。

まあ、しっかりしたパンツですし、脚を開いたりするのにはつっぱりも無くて良かったんですが、どうにもゴワゴワする感じが良くないのと、蒸れてベタつく感じがするので、こちらも専用品を購入しました。

買ったのはこちら。Foxfireのクライミングパンツ。

COCAGE-SHIELD(コカゲシールド)”は、熱伝導性が低く、光を通しにくい特殊セラミック繊維が日射しの熱線を遮り、衣服内温度の上昇を抑え快適さを保ちます。また紫外線も遮断するため、淡色でも高いUV遮蔽率を発揮します。
(Foxfire公式HPより引用)

この素材を使用したパンツです。
そして履いた感想はというと…抜群に快適。びっくりするくらい快適でした。
まず、本体が軽い。履いてる感じがあまりない。220gだしね。

そして、適度な通気性としっかりした伸縮性がありがたいのと、この日は陽射しがかなり強かったのですが、涼しく快適に登る事ができました。

やはり、専用のアイテムは専用の理由がちゃんとあるな…と実感しました。

◯登山行程

今回の行程は以下の通り。
11:00 御在所岳中登山道より登山開始
11:50 5合目到着
12:30 7合目到着
12:50 8合目到着
13:20 山頂公園到着
13:40 山頂到着

2時間40分で山頂到着という形ですがわ間に10分程度の休憩を2回、20分程度の休憩を1回取りましたので、実質的な歩行時間は2時間くらいですね。
歩きやすく整備された登山道ながら、道中に何度も現れる奇岩の数々。中登山道では6合目にキレットも存在していて、結構手軽に楽しめる山だと感じました。
…といっても全くの初心者や体力のない方はあまりおススメできないかもですね。なんだかんだ言っても鈴鹿の山は滑りやすいし、大きな岩も多く、ハイキングの延長線程度に考えていると痛い目見る気がします。

〇登山レポ

さて、ここからは登山のレポです。写真を中心に追って行きたいと思います。
f:id:syou1341:20181028213621j:plain
まずは中登山道の登山口。すぐ右手に登山届の提出ボックスがありましたが、用紙がありませんでした…。
予め提出してありましたので問題はなかったですけどね。こういうケースもあるので、事前に準備しておくのが良いですね。
f:id:syou1341:20181028213754j:plainf:id:syou1341:20181028213757j:plain
こういった感じで段差やらはしごやら、しっかりと整備されており歩きやすくなっています。
f:id:syou1341:20181028213802j:plain
なんだか小さい木が支えてるみたいで面白いけど、滑り落ちてこないかちょっと不安になる…。
f:id:syou1341:20181028213805j:plain
せっせと登っていくと、ロープウェイの真下に出ます。皆さん手を振ってくれるので振り返しましょう(笑)
f:id:syou1341:20181028213807j:plain
この辺りからは少しずつ岩がゴロゴロとし始めます。靴の紐をしっかり結びなおして上を目指します。
f:id:syou1341:20181028213810j:plain
出ました。奇岩おばれ岩。しかしまあ、ドミノ倒しの要領で落ちてこないか(以下略
f:id:syou1341:20181028213816j:plain
少し進むと開けたところにでます。ここが大体5合目付近。
f:id:syou1341:20181028213821j:plain
ここいらでちょっと一休み。持ってきたカロリーバーとお湯を沸かしてインスタントコーヒーを飲みました。やはり、景色が良いと何倍もおいしいですね。
f:id:syou1341:20181028213829j:plain
6合目に差し掛かり、やってきましたキレット。登山道で下ります。
f:id:syou1341:20181028214819j:plain
岩場にきれいな紅葉した枝葉を見つけました。完全に岩から生えてます…。植物の力強さに驚くばかりです。
f:id:syou1341:20181028214826j:plain
下り終わって見上げた図。かなり崖のようになっていますが、鎖も整備されており、一段ずつしっかりと下りればそんなに難しい事はないと思います。
高所恐怖症の人にはちょっと厳しいかも…。手足のうち、3点が接地しているようにしながらゆっくり行けば危険は少なく下りれました。

f:id:syou1341:20181028215230j:plain
7合目にさしかかると、かなり紅葉も進み、色づいてくる感じがしますね。麓から広がる四日市の街並みまで見渡せて絶景です。
f:id:syou1341:20181028215234j:plain
振り返れば巨岩、断崖絶壁。別にここを登るわけではありませんが、迫力ありますね。

8合目、9合目あたりが体力的にはピークでしたね。斜度もきつくなり、岩もだんだんと大きく…。
膝をつかないと登れないような高い段差も何か所かありました。しっかり休みながら、息を整えて進みます。
ぶっちゃけ余裕がなくてこの辺り全然写真撮ってませんでした。
f:id:syou1341:20181028215436j:plain
というわけで登山道の終点、富士見岩の展望広場に出ます。天気は良かったですが、モヤがかかってきてますね・・。
ここからは、山頂の三角点を目指しますが、もはや登山道というよりは公園なので、消化試合みたいなもんです。
トイレも売店も自販機もあります。なんならリフトで山頂まで行けます。
f:id:syou1341:20181028215950j:plain
山頂へ向かう道すがら、トンボを見つけました。秋の気配を感じます。
f:id:syou1341:20181028220308j:plain
20分ほど歩くと山頂の三角点に到着です。
f:id:syou1341:20181028220611j:plain
前回のリベンジでカップラーメン食べました。やっぱり格別に美味しかったです。
f:id:syou1341:20181028220839j:plain
このあと雲がかなり多く出てきてしまい、望湖台からの眺望はあまりよくありませんでした…。やっぱ朝イチ登らないとダメかな。

ロープウェイで登ってきた妻と息子と合流し、山頂公園で少し遊んだ後、ロープウェイで下山しました。

〇感想

前回の鎌ヶ岳は、途中の武平峠まで車で上がっていったため、実質的な距離は今回の御在所の方が長かったのでその分疲労感は大きかったです。
ただ、鎌ヶ岳よりも整備されて登りやすい箇所が多く、全体的には歩きやすい山だなと感じたので、どちらが大変かと言われれば鎌ヶ岳のような気がします。

前回が初めての登山だった為か、今回の御在所岳登山は、前回に比べると足の疲労感が少ないように感じました。
週2~3回通っているジムでも下半身中心のトレーニングに切り替えたのでその効果もあるのかな?
もう少し登山を繰り返して経験を積んでいきたいですね。
次回は愛知県新城市の三ツ瀬明神山に登りたいと思っています。