今日はどこへいこうか。明日はなにをしようか。

名古屋市を中心に色々なスポットを自身の日記を兼ねて紹介していくフォトブログ。

折角なのでPENTAX Kマウントのレンズをα6000で使うために残してみた。

こんにちは、こんばんは。
翔です。

前回の記事に書いた通り、PENTAXの一眼レフに別れを告げ、SONYのα6000に乗り換えました。
www.nichinichi-kouzitsu.com


カメラやレンズ、付属のリモコン類はまとめて売却し、Eマウント用のレンズを購入する資金に回しました。

…ですが。
一番直近で購入(H29.3月)した、タムキュー先輩については、まだあまり使いこんでいない&購入時に長期保証5年つけてあったので
さすがに勿体なくて売れませんでした。

なので
「マウントアダプターを利用してSONYでも使えるようにすれば良いんじゃね!?」
と思いつき、今回色々と調べつつ手ごろなマウントアダプターを購入しました。

今回購入したのはこちら。2,500円くらいで購入しました。
K&F Conseptというメーカー(ブランド?)の商品です。
Amazon以外で、楽天でもyahoo!ショッピングでも同じような商品がいくつか出品されています。


こちら、外箱を開けると小さいケースに本体が収納されています。
特に梱包もされておらず、中でカシャカシャ鳴ってましたが、まあただのアダプタですしね…。


タムキュー先輩に装着したところ。
回して嵌める時に少し硬さを感じますが、その分ガタつきもなくカチッと嵌ります。
マウントアダプターで、本来のマウント形状と違うモノ同士を接続するわけですから
少しくらい硬くてもがっちり固定されている位が安心できますね。


α6000に装着したところ。
電子接点はありませんのでMFのみとなりますが、どうせマクロなんてMFの方が楽しいんだから、気になりません←
屋外での花の撮影とか、風の影響を受けて難易度上がりますけどね…。一瞬のピント合わせに集中する瞬間が
たまらなく楽しいです…自分だけ?

ゆくゆくは、SONY純正のマクロレンズとか使ってみたいんですけどね。

高い…高いよ…12マンは簡単に捻出出来ませんよ…。

とりあえず、ざっくりとしたマクロ撮影はタムキュー先輩を中心に使って撮影してみたいと思います。
また、撮影したらブログに載せようと思います。