今日はどこへいこうか。明日はなにをしようか。

名古屋市を中心に色々なスポットを自身の日記を兼ねて紹介していくフォトブログ。

バーチャルYouTuberって知ってますか?未来感あふれる可能性の塊。

はい、どーもー!
多趣味な鍼灸師のAriesです!

…とまあ、どこかで聞いたことのあるような導入のあいさつは置いておいて。
今日は着々と火が付きつつあると個人的に感じているバーチャルYouTuberについて書きたいと思います。ぜひ見たことがない人が一人でも見てくれるようになったら嬉しいと思います。
f:id:syou1341:20180213231726p:plain

〇はじめに

タイトルにもありますが、皆さんはバーチャルYouTuberってご存知でしょうか?
バーチャルユーチューバー、V YouTuberと色々な表記がありますが…
基本的にはYouTuberという言葉にバーチャル要素である2D or 3Dのモデルをアバターとして使用して動画配信を行っているので
バーチャルYouTuberという呼称になったみたいですね。

元々、YouTuberの方の動画ってよく視聴するんですよ。
www.youtube.com
YouTuberといえばこの人、ヒカキン

www.youtube.com
アクティブな実験動画とノリが楽しい すしらーめんりく

www.youtube.com
メンバーの一人一人が本当に釣りが好きなんだなって感じる釣りよかでしょう

などなど、多種多様なYouTuberが存在していて、飽きることはありません。
最近の小学生が「将来の夢はYouTuber」なんて言うのも何となく理解できますね。一昔前ならお笑い芸人とか芸能人といったジャンルに近いんでしょう。
それが、スマホタブレットの急速な普及によってTVよりもYouTubeが視られる時代へと変化してきている証拠なんだと思います。

〇日本におけるブームの火付け役

先の頁でも数人のYouTuberを紹介しましたが、バーチャルとしての先駆者はこの方
www.youtube.com
キズナアイさんですね。この動画は、自己紹介動画ですが2016年12月1日に投稿されています。

聞き取りやすいトークと見た目が美少女アバターにも拘らずの変顔や妙なアクション。どことなく漂うポンコツ感がとても面白い。
動画投稿のペースが異常に早く、ゲーム実況からおバカネタまで本当に幅広く芸達者。でもアクションゲームはお世辞にも上手いとは言えない。
だけど、その不慣れなゲーム進行とキズナアイのリアクションを楽しみながら視るのがこのチャンネルの楽しみ方だと思ってます。

概要欄を見ていくと、
2016.12.01 チャンネル開設
  ↓
2017.02.02 登録者10,000人達成
  ↓
2017.02.21 登録者50,000人達成
  ↓
2017.02.24 登録者100,000人達成
  ↓
2017.12.17 登録者1,000,000人達成

チャンネル開設から2か月で1万人を突破しその20日後にはなんと5倍の5万人。
そして、その3日後に10万人を突破というもはやバグ?と言わんばかりの沸騰ぶり。

そして、今現在なんと1,510,000人を超えています。
YouTuberにおけるヒカキンと同ポジションのような印象を受けますね。原点にして頂点。先駆者で、そのまま先頭を走り続けている。

後々、何名かのバーチャルYouTuberを紹介していきますが、キズナアイがブームを起こさなければ、その他の人たちへの注目も
今ほど起きなかったかも知れませんね。

〇一度は視てみないと損するかも?お勧めのバーチャルYouTuberを紹介

せっかくなので、有名どころではなくチャンネル登録者数が少ない方の紹介をしたいと思います。

富士葵

www.youtube.com
最初の自己紹介動画の公開は2017/12/8
正直、モデルの精度や声優(中の人)のトーク力は一般程度。
でも、驚くべきスキルがあります。

それがこちら。
www.youtube.com
歌唱力にステータスが振れてますね。なんかどことなく漂う「みんなのうた」感。
現在チャンネル登録者数43,000人ですが、今後も頑張ってほしいです。
ライブ企画やモデルのアップグレードなんかも検討中とのことで期待が持てますね。

バーチャルおばあちゃん

www.youtube.com
最初の動画投稿はニコニコ動画で2018/1/8
厳密にいえば、当初はYouTuberではなかったのかも知れません。

もはやどういうコンセプトなんだ…と最初は衝撃を受けました。
でも何気にフェイスリグによる表情の応答性の技術が高い。あと、おばあちゃん感が結構リアル。
合間合間に「バーチャルおばあちゃんだよ」と自己紹介を挟むのがズルい。

www.youtube.com
モンハン実況ですが、実質キャラメイクだけで17分以上持たせるのって中々センスあると感じました。というか言葉選びがキャラ設定的に抜群。
現在チャンネル登録者数17,000人です。密かな人気が出てきている様子です。

ぜったい天使くるみちゃん

www.youtube.com
最初の動画投稿は2018/1/12。チャンネル登録者数は13,000人です。

モデルもトークも並。おそらく配信環境や機材も不十分なのが伺えますが、この方も歌唱力特化型のYouTuberです。地声でトークしている時はちょっと濁声っぽくて「酒やけ」とか言われてるのに笑ってしまいますがハイトーンは力強く伸びもあって抜群。低い声もしっかり出ていてとても聴きやすい歌声なのが好印象。一芸に秀でているとはこのことか。

歌に興味のある方はこちらの動画をぜひ視聴して頂きたい。エコーは効きすぎな感じがしますが、無編集でこの歌唱力は驚きます。
www.youtube.com

つのはねあかぎ

www.youtube.com
一番最初の動画投稿は2018/2/1。チャンネル登録者数は5,555人です。

モデルが女の子なのに、声は完全な低音イケメンボイス。そしてトークが軽妙。
ステ振りは技術と中二病(?)でも、誰もが憧れたことのある「もし自分が魔法を使えたら」「もしも自分がゲームの世界に入ることができたら」を体現している人。
ソードアートオンラインのような感覚、といえば伝わりやすいかも知れません。
こういった技術を持った方が自己プレゼンのような形でその技術が浸透して行き、企業とのコラボや製品開発に携わるようになったら面白い作品ができるような感じがしますので、今後も頑張ってほしいです。

最果ての魔王ディープブリザード

www.youtube.com
ごっつい魔王の見た目から、画力にステ振り特化したまさかの展開。
心の声が字幕で駄々洩れなのも面白いですが、ごつい魔王が液タブ持ってお絵描きしてると思うと
それだけで笑いがこみあげてきます。
最初の動画投稿は2018/1/31。チャンネル登録者数は4,767人です。

バーチャルのじゃろり狐娘YouTuberおじさん

www.youtube.com
この形式でYouTuberとして動画を投稿したのは2017/11/8。現在のチャンネル登録者数は23万人です。

実をいうと、私がバーチャルYouTuberというジャンルを知るようになったきっかけは、この方だったんですね。
モデルがかわいい。フェチズムの塊のような狐娘がモデルになっています。YouTubeのおすすめ動画リストに表示されていてmモデル可愛さに見てみたところ、ボイスチェンジャーを使用するわけでもない、普通のおじさんが中の人をやっていました。

初見では「おっさんやないかい!?」という感想でしたが、なんというか癖になる。見続けていたらすっかりはまってしまった訳ですね。

初回「バーチャルのじゃろり…バーチャルのじゃろり、狐娘、YouTuberおじさん?のねこますでーす」
2回目「バーチャルなんとかのねこますでーす」
4回目「バーチャルぅ………きつね!むすめ!デース!」
6回目「バーチャルおっさんでーす」
9回目「バーチャルのじゃろり…YouTuberおじさんでーす」

自己紹介が安定していない!やっぱり喋ってるのは普通のおっさん!特に面白い企画をやるわけでもなし!

でも、普通の「どこにでもいる」感がなんか落ち着くんですよね。
自身の動画内でも公言していますが、コンビニバイトをされています。コンビニの接客のロープレみないなのをやっている動画がありますが、本当にコンビニの店員さんそのもの。コーヒーのマシンのメンテナンスが大変とか、寒い中での外のゴミ集めが大変とか、同じ時間帯のおばさんに挨拶を無視されるとか。

世知辛いのじゃー!と叫ぶその姿が本当に「どこにでもいる」普通の人って感じがあって自己投影しやすいんです。
どことなく気弱そうで、でも垣間見える誠実さが好印象な中の人「ねこます」さん。視聴者もそんな彼(彼女)をそっと見守るような人が多い印象を受けます(コメント欄が平和)

先日、自身初となるニコニコ生放送に出演されました。
基本的に一般人である彼が2時間程度の生放送をやり切り、お世辞にもスムーズな進行ではなかったかもしれませんが放送終了後の視聴者アンケートがこちら。

視聴者に愛されているのが伺えますね。

着々とチャンネル登録者数も伸びてきて、企業からのオファーも少しずつ発生している様子です。
セガから2018年春にリリース予定のコトダマンというゲームに、キャラクターとして登場が決定していたり、天下百剣、魔術破りのリベンジマギアなどの作品のオファーもあるようです。

2月14日にはLINEスタンプが発売されました。それもクリエイタースタンプではなく、公式スタンプとして。
なんとランキング1位も取っていました。


もちろん、応援の意味も込めて即購入しました。

着々と進化していく、ねこますさんをこれからも応援したいと思います。

〇さいごに

2D、3Dによるアバターを利用することで目の前のキャラクターがリアルに動いているように見えるという親しみやすさ。これは従来の単なるアニメーションやMMDだけでは感じることができなかった感覚ではないかと思います。
また、キャラ付けや世界観、特化しているジャンルも様々で魅力的です。

単に面白いコンテンツとしてだけではなく、才能の発掘の場としても盛り上がれば良いなと感じています。また、VRという技術が広く発展、浸透していく過程においてもこういった方々の活躍というのがとてもキーになるのではないかと考えています。
VRを体感するにはVRゴーグル等の装置が必要なわけですが、そもそもVRを知るきっかけが何なのか?という部分において、間口は広いほうが良い。

興味を持った人が、深く掘り下げて体験したり経験したりすることで、だんだんと一般化していくのだと思います。


国内外含め、YouTuber界隈でも視聴数稼ぎのために過激な事をしたり炎上狙いをする人が大勢います。
視聴数=収益という構造なのである種仕方がないかもしれません。

これは、バーチャルYouTuberもYouTuberも同じですが、そういった下種の手法に囚われることなく活動を続けて欲しいなと切に願います。

リビドーの赴くままに書き連ねてしまいました。乱文ですが、読んでくださった方、ありがとうございました。
また、他のバーチャルYouTuberの方も紹介していきたいと思っています。