日々是好日

日々是好日(にちにちこれこうじつ)は禅の言葉。日々の小さな発見や小さな幸せを綴る鍼灸師のブログです。趣味や仕事のことを書き連ねています。

気ままに日本酒紹介~おすすめの銘柄~ 第2回

こんにちは!日々是好日です!

第2回目の日本酒紹介になります。

↓第1回はコチラ↓

 気ままに日本酒紹介~おすすめの銘柄~ 第1回 - 日々是好日

 

本日紹介する銘柄は…私Ariesの地元

静岡県浜松市にある花の舞酒造株式会社さんの

花の舞 山田錦純米吟醸です。

f:id:syou1341:20170731005028j:plain

www.hananomai.co.jp

 

【製品情報】

原材料は山田錦

精米歩号55%

日本酒度+3~+4

酸度は1.3

アミノ酸度1.1

 数字の見方は過去記事に載せてあります。

【辛口】これだけ知っておけばあなたも通の仲間入り?日本酒の基礎知識とは【甘口】 - 日々是好日

 

口当たりはやや甘く感じますが、後に残らないすっきりとした飲み口が大変美味しい銘柄です。個人的な感想になりますが、静岡県のお酒にはこういった系統の味わいが多いような感じがします。

きつすぎず、甘すぎず、さらっと飲めるこのお酒は食事を選びません。静岡県は海産物の豊かな県ですから、魚料理でも魚の味わいを邪魔することなく頂ける銘柄だと思います。

実は、私の結婚式の時も振る舞い酒としてこちらの酒造さんの日本酒をセレクトした事があります。結婚式の料理は洋風のコースでしたが、勿論料理の邪魔をせずゲストの方々にも「とっても美味しかった」とか「凄く飲みやすかった」と喜んで頂いていました。

その時の写真はコチラ

f:id:syou1341:20170731011131j:plain

 

【酒蔵情報】

「花の舞」は、酒造りを子育てと同じように考えています。
愛情を注ぎ、慈しみ育ててこそ、納得のいく酒造りができると思います。
そのための必要条件は、最上質の原料米の吟味、買付けに始まり、蔵の設備の充実、杜氏をはじめ、蔵人の技能の研鑚とチームワークです。

一千年を超える試行錯誤の歴史を経て、世界に比類のない醸造法を確立した日本酒造り、この先人たちの築きあげた技術と精神を基本としながら、新しい技術の導入も計ってまいります。

静岡県浜松市浜北区(旧浜北市)の地に根ざした地酒を造る酒蔵さんで、創業は元治元年(1864年)で、150年以上の歴史を持っています。

地元産の山田錦や地下水に拘った酒造りをされていて、酒蔵見学なども随時行うことが出来ます。

例年10月の後半ごろには、酒蔵開放を行い、新酒の試飲イベントを開催しています。

私も何度か足を運んだことがありますが、綺麗で風情のある環境で、美味しい新酒を味わい、地域の方の暖かい雰囲気に触れることが出来る大変良いイベントです。

 

とても温かみを感じる、浜松の地酒「花の舞」、興味がある方は公式HP、または上記の酒蔵見学、酒造開放などに足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

【公式HP】

www.hananomai.co.jp

【通販】